エガブロ

【インタビュー】「この団体は世界を救わない」新興宗教『統一教会』の実態と、大学時代に洗脳されかけたX氏の体験談

【インタビュー】「この団体は世界を救わない」新興宗教『統一教会』の実態と、大学時代に洗脳されかけたX氏の体験談

当記事はX氏のインタビューを基に、『統一教会』の実態を伝え、それに対する見解を述べる事が目的だ。同教団を批判または差別したり、宗教自体を善・悪と結論付けるものではない。

 人は誰しも、独自の思想と信念を持っている。
 自身の境遇や身近な人達、所属する組織などにより、“十人十色の常識”が形成されていくからだ。
 そうした価値観に従い、行動を起こす生き物が人間である。

 だが、“常識の不一致”に違和感を覚え、埋まらぬ溝が出来るケースは珍しくない。
 国ごとの文化の違いがその典型だろう。
 例えばアメリカ人は、基本的に家の中でも靴を履いたまま生活し、就寝する時に初めて靴を脱ぐ「土足文化」。
 コレは、我々日本人からすると“非常識な習慣”だ。

 また、各国では合法・違法の判断基準にも大きな差がある。
 例を挙げると、チベットとインドで行われている遺体を鳥に食べさせる葬儀、「鳥葬(ちょうそう ※ググる時はグロ注意)」だ。
 火葬が一般的な日本人にはあり得ない葬法だが、現地の人々にとっては死者の魂を天へと送り届け、土に還すための神聖な死体処理法とされている。

 この鳥葬はチベット仏教とゾロアスター教、すなわち宗教がルーツなのだが、国や地域によっては違法行為となる(日本の場合は、死体損壊罪に抵触する恐れがある)
 また、思想により善・悪の認識も変わる。互いの神の為に戦う「ジハード(聖戦)」は、その最たる例だろう。

 このように、他国の文化や宗教には“独自の常識”が存在し、多種多様な思想と信念を生み出している。
 その中でも、特に争いの火種になりやすいモノが宗教だ。

新興宗教と洗脳騒動


 まず宗教には、「伝統宗教」と「新興宗教」の2種類がある。
 前者は我々にとって身近な仏教やキリスト教など、古くから信仰されている宗教を指し、後者は今回テーマとする統一教会のように、比較的成立時期が新しい宗教を指す。

 あなたは、宗教と聞いてどのようなイメージを持つだろうか?
 おそらく、大半の人が

胡散臭い
なんかヤバそう
反社会的な組織
などの悪印象を(特に新興宗教に対して)抱く事だろう。
 無論、俺もその1人である。

 特筆すべき負のイメージは、麻原彰晃(あさはら しょうこう:現在は確定死刑囚)を開祖とする『オウム真理教』が引き起こした「地下鉄サリン事件」。
 1995年3月20日、東京都内の丸ノ内線、日比谷線、千代田線の地下鉄車内に、化学兵器として使用される神経ガスのサリンが散布され、乗客や駅員ら13人が死亡、負傷者数は約6,300人にも上る、未曽有の大惨事となった。


 同事件の引き金は、“洗脳(マインドコントロール)”だ。
 人は閉鎖的な環境下で徹底的に教育されると、従来の思想が洗い流され、脳に新たな信念が根付く。
 麻原は『国家転覆』を目的に掲げ、信者たちを狂気へと駆り立てた。

 芸能人では、元オセロの中島知子さんが2005年頃から「女性占い師」に洗脳(真相は不明)され、所属事務所の契約を解除。最終的にはコンビ解散となった。
Check中島知子のオセロ解散と洗脳騒動とは何だったのか?現在の仕事はセクシーなジャンルばかり?

 また今年2月11日、タレントの清水富美加(しみず ふみか)さんが、日本最大の新興宗教『幸福の科学』に出家(家庭生活を捨て、世俗を離れて修行の道一筋に専念すること)し、「千眼美子(せんげん よしこ:法名)」に改名。芸能界引退を宣言した事は記憶に新しい。
 彼女は現在、同教団が設立した芸能・制作プロダクション「ARI Production(アリ・プロダクション)」に所属し、専属女優として活動している。
Check清水富美加は出家後、何をしているのか 幸福の科学に聞いた

 新興宗教と洗脳…この2つに対する心証は良くないが、実は後者は日常的に行われている。
 例えば、親が子供にする「しつけ」、学校が生徒に施す「教育」、会社が社員に課す「就業規則」などがそう。また、日本の政策や法律も“国家ぐるみの洗脳”である。
 社会生活において、洗脳は決して珍しい事ではなく、むしろ一般的な行為なのだ。

 このように、自身の善・悪の概念、思想や信念はマインドコントロールにより培われる。
 それ故に、洗脳のベクトルが狂うと、人を悪道に走らせてしまう事もある。そう、先の地下鉄サリン事件のように。
 極端な話、幼い頃から「人を殺す事は正しい」と教えられたなら、「殺人は当たり前」という価値観の人間に育つだろう。

 だが当然、一般人はそのような犯罪行為はしない。
 なぜなら、我々には何らかの教育を受けた際、国の法律や周囲の人々の意見と比較し、「正しい」「間違っている」と判断する機会があるためだ。
 しかし、外界との関わりを遮断され、“価値観の差”を確認する術が皆無な状況だとしたら…正にコレが、オウム真理教の洗脳術だった。
 
 先月17日、俺は12年前に統一教会に洗脳されかけ、脱退したX氏にインタビューを行った。
 ヒアリングから執筆にこれほど間が空いたのは、仮想通貨トレードにハマっていたからだ(こちらもタイミングを見て記事にしたい)。
 取材を快諾してくれたX氏と、当ブログの読者に心から謝罪する。

 尚、当記事は最初に統一教会の解説、及び問題点を述べる為、いつも通り前置きが非常に長い。
 今すぐにX氏の体験談を読みたい人は、目次の≪統一教会に洗脳されかけたX氏の半年間≫から読み進めて欲しい。

そもそも『統一教会』ってどんな団体?


 本項はWikipedia・公式サイト・外部サイトの記事や動画を参考にしつつ、統一教会の概要と争点をまとめる。
出典世界平和統一家庭連合 - Wikipedia

 統一教会は『世界平和統一家庭連合』の旧略称、朝鮮半島のキリスト教の土壌から発生した宗教法人を指す。旧名称は『世界基督教統一神霊協会(せかいキリストきょうとういつしんれいきょうかい)』。
 同教団は「イエス・キリストの再臨」を自称する文鮮明(ムン・ソンミョン:信者は文先生、または真のお父様と呼ぶ)氏により、1954年に韓国ソウルで創設されたが、本家のキリスト教からは異端と見なされている。

 創始者の文鮮明氏は2012年9月3日(満92歳)に死去。以降は同氏の3番目の妻、韓鶴子(ハン・ハクチャ:74歳、信者は真のお母様と呼ぶ)氏が代表を務めているが、内部分裂が続き、勢力は衰退している。
 現在は世界193ヶ国に支部が存在し、総信者数は約300万人(日本の支部数は114ヶ所、信者数は約60万人、国内13位の規模)と公表している。
 当記事では、便宜的に「統一教会」と表記する。


 統一教会は『神様の真の愛を相続しよう』をテーマに、「ために生きる」人格の育成と、「祝福結婚(後述する)」による理想家庭の実現に取り組む団体との事。
 そうした家庭を世界中に広げる事を通して、人種・民族・文化・国家の壁を越えた“人類一家族世界”を目指していると言う。
 公式サイトや紹介動画を観ても、「家庭」「家族」といったワードが多く、夫婦関係や血縁関係を重視する印象が強い。

統一教会を巡る5つの論争



 しかし、同教団には数々の争点も存在する。
 その内容を以下に記す。

争点1.偽装勧誘


 統一教会は日本国内において、1980年代から教養講座・路上アンケート・インカレ(インカレッジの略称:その大学内だけでなく、他大学の学生とも交流がある事を指す)サークルなどを介し、正体を伏せた勧誘活動を行い、社会問題化している。
 上記の接触をきっかけに、自己啓発セミナーやビデオセミナー、占い鑑定所などに誘い、ある程度時間が経過してから教団名を明かす。
 実際にX氏は大学時代、とあるインカレサークルに入ったところ、約3ヶ月後に教団名を出され、そこで初めて統一教会の存在を知ったと言う。

 また、その際には占いを入口として、次項の「霊感商法」に持ち込むケースも少なくない。
 現在の勧誘方法は不明だが、上記のプロセス(偽装勧誘)に大きな変化は無いものと思われる。

争点2.献金と霊感商法


 統一教会は、信者に定期的な献金(援助の為に金銭を献上する事)を要請しており、「十一条(10分の1献金:語源は韓国発祥)」と言う原則の基、月収の10%を納めさせている。
 募金活動や訪問販売、「霊感商法」などの経済活動も、文鮮明氏一家に対する献金が目的だ。
 尚、世界の中でも、同教団から多額の献金を求められているのは日本の信者だけ。
 コレは文鮮明氏が日本を「エバ国家(罪深き国)とした事に関連するが、その理由は定かではない。

 そして、統一教会は1980年代初期から霊感商法に力を入れ始める。
 無料の手相占い・姓名判断・印相鑑定などをきっかけに、興味を持った客を「霊場」と呼ばれる会場へ連れて行き、霊能者を装った信者に「家族が不幸になる」などと煽らせ、高額な壺や印鑑、多宝塔などを販売し、こちらも社会問題化。
 1993年には、統一教会に対する損害賠償請求訴訟が起こり、福岡地裁が霊感商法などの販売活動に対し、全国で初めて同教団の関与と賠償責任を認定、3,670万円の支払いを命じた。この1件以降、統一教会の責任を認める判決が相次ぐ。

 その後、東京都から指導を受けたが、なお霊感商法は継続され、2009年には同教団の関連会社に家宅捜索が入り、逮捕者も出た。


 統一教会はこれまでに、裁判による支払い命令で10億円以上、和解金も100億円以上を支払っており、霊感商法や献金の被害額は1,000億円以上と言われている。
 現在、同教団は献金を巡る訴訟を3件抱えているという。

争点3.国際合同結婚式



 統一教会は教団内婚制を採用しており、少なくとも文鮮明氏が死去する2012年までは、直接会った事のない信者同士が結婚していた。
 まず未婚の男女が本部に写真を送り、同氏の「インスピレーション」により2人を組み合わせる。その後、各信者に相手の写真が送られ、「マッチング」が成立した。
 このマッチングシステムは、文鮮明氏の『自分の思いのままに結婚すれば行く先は地獄、自分の思いのままでなくて結婚すれば行く先は天国』との人生観が起源である。

「国際合同結婚式(通称:合同結婚式、信者は祝福と呼ぶ)」とは、マッチングしたカップルの挙式を韓国にて同時に執り行う、統一教会の宗教的行事である。
 1992年には歌手の桜田淳子さん、元スポーツ選手の山崎浩子さんが参加した事でも話題になり、この報道から同教団を知った人々も多い。
 1960年4月に3組の信者を「祝福」して以降、数年ごとに行われ、最盛期には1回でおよそ33万組のカップルが誕生したとも言われている(正直羨ましい)

 1998年当時、合同結婚式の参加費用は計170万円(内訳は参加費30万円と感謝献金140万円)である。
 ちなみに2017年現在、日本の一般的な結婚式の平均自己負担額(親族の援助やご祝儀を差し引いた金額)は約150万円。
 合同かつ当時の日本円の価値を考えると、「かなり高額だった」と言わざるを得ないだろう。

 文鮮明氏の死後は、祝福を希望する独身信者が写真と申請書を提出し、教団の「マッチングサポーター(仲人)」が相手探しを行っている。
 また、現在の合同結婚式の参加費用は140万円に引き下げられた。

 しかし、この合同結婚式にも様々な論争がある。
 最大の問題点は、日本国憲法24条「婚姻の自由」の侵害だ。
 1993年10月7日には、統一教会の合同結婚式に参加し、婚姻届を出した日本人女性が同教団を提訴、婚姻無効が認められた。
 脱会した元信者らによる同様の訴訟は、これまでに47件起こっている。

参考記事
旧統一教会が開催した「国際合同結婚式」に潜入。どんな人たちが参加しているのか?(2016年)
旧統一教会の「国際合同結婚式」はどうやって結婚相手を決めているの? 教団を直撃。神のお導きは本当にあるのか?
旧統一教会・国際合同結婚式で結婚した4組の夫婦を直撃。見ず知らずの人と結婚するってどんな感じ?

争点4.放置された「日韓トンネル」


 統一教会は現在、佐賀県唐津市に一般財団法人「国際ハイウェイ財団」を設立し、“壮大な計画”を実行中としている。
 それが、韓国と日本を結ぶ全長約230kmの「日韓トンネル計画」だ(同市は一切関与していない)。

 既に540mの調査用トンネルが掘られており、1mの掘削(くっさく)費用は100万から120万円ほど。
 1980年代からこれまでに技術者や学者の資金、信者たちの献金などから総額100億円以上を投じてきたが、資金難の為2010年に工事は中止された。

 この計画に対し、

通す気が無いし、そもそも必要ないのでは?
との意見が多いが、同教団日本会長の徳野英治氏(60代半ば)は

日韓トンネルは絶対に必要。人と物と文化がじかに交流が深まるので、飛行機の次元じゃない。経済効果は想像を絶するものがある
と述べている。

 しかし、関係者は「100年経っても完成しないだろう」と公言しているという。

争点5.「祝福二世」の苦悩


 祝福二世(以下、二世)とは、前項の合同結婚式(祝福)による夫婦から誕生した子供を指す。
 統一教会は内部で世代が再生産される為、二世は必然的に、親の信仰や教育などから生まれながらの信者となる。
 だからこそ、同教団の結束力と持続力は非常に強い。

 また、統一教会では、まるで某アイドルグループのように「自由恋愛」が禁止されており、異性と手を繋ぐ事すらご法度、キスやセックスなども言語道断とされている。
 コレは生涯の相手(同教団に勧められた異性=マッチング相手)と巡り合うまでは純潔を守る為、男女関係を一切持たないとの戒律によるものだ。
 しかし、上記の現状に対して疑問を持つ二世も少なくない。

祝福二世たちの悩み
統一教会の祝福二世です。恋愛のことについて、相談があります。
私は統一教会の祝福2世です。今、付き合って4ヶ月になる彼がいます。
統一協会の祝福二世に生まれて - 全て実話、実体験を淡々と綴っていきます。
統一協会の祝福2世です。

 このように、主に女性二世が恋愛に関する悩みを抱えるケースが多い。
 仮に祝福を受ける前に異性と性的行為をした場合は、地獄行きが確定するとされ、その恐怖から逃れたいとの思いも垣間見える。
 いずれにせよ、統一教会の信者たちは自由恋愛を“最大のタブー”とし、その教義により二世は日々葛藤しているのだ。

 青春を謳歌できないのは、特に思春期の男女にはかなり辛いだろう(俺は全く青春してなかったけど)
 個人的な意見を言うと、二世、三世が同じ道を歩む事により、統一教会の掲げる『平和な家庭』を築けるとは思えない。

 先の「みんなのニュース」の動画内では、信者である山田さん(仮)一家の小学4年生の娘が、女性ディレクターの

好きな人いるんでしょ?
との問い掛けに対し、

でも(恋愛を)あきらめるしかない
と答えている。

 山田さん一家のように、身内全員(または両親)が信仰している場合は、例え二世が辞めたいと思っても、経済的に自立するまでは決して抜け出せない。
 むしろそれこそ異端と見なされ、親類から絶縁されてしまう可能性もある。
 二世たちの苦悩は、今も尽きない。



 以上が、統一教会の概要と争点である。
 おそらく、ほとんどの読者は新興宗教に対し、更なる負のイメージを抱いた事だろう。
 
 しかし、日本国憲法20条により、我々には「信教の自由」が保障されている。
 また、“自国の常識は他国の非常識”であるように、信者にとっては教団の戒律が正義であり、それが俺たちには異様に見える…という、実際は極シンプルな話。
 違法行為を犯したなら糾弾されて当然だが、本来「信仰」という行為は誰にも否定できないのだ。
 かくして、宗教には一概に善・悪と言えぬ複雑な背景がある。

 前置きが凄まじく長くなって申し訳ないが、以下よりX氏のインタビュー内容を書き起こそう。
 統一教会の当時の勧誘・洗脳プロセス、活動内容、そして彼が抜け出そうと考えた経緯とは?
 いよいよ、同教団の実態に迫る。

統一教会に洗脳されかけたX氏の半年間


「新宿三丁目駅」案内版
 9月17日16時50分、俺は新宿三丁目駅に居た。
 目的地は駅から徒歩5分ほどの位置にある京料理屋、「茶茶花(チャチャハナ)」。
 雨が降りしきる中、待ち合わせ時刻の17時に間に合うよう急ぎ足で店へ向かう。

 店内に入ると、X氏は既に到着していた。
 軽く挨拶を交わして席に座る。

 X氏は30代前半の物腰柔らかな好青年、俺と同様にWebメディア運営(アフィリエイト)で生計を立てている。
 彼とは今の仕事を始めてから知り合い、付き合いはもう5年ほどになる。
 インタビューを打診した理由は、以前に飲んだ際、

X氏
昔宗教に入ってた事があるんだけど…
と口にしていた為、今回その内容を詳しく聞こうと考えたからである。

 まずはビールと料理をオーダー。
 この店は客層と雰囲気が落ち着いており、女のコと利用するのも良さそうだ。

新宿三丁目「茶茶花」料理1 新宿三丁目「茶茶花」料理2  テーブル上に並ぶ料理を食べながら、頃合いを見て本題を切り出す。

江川
今日はわざわざありがとう!じゃあ早速話を聞かせて貰いたいんだけど、いいかな?
うん、大丈夫w
 そして、X氏は語り出した。

勧誘プロセス


まず最初に言いたいのが、統一教会は世界を救う団体じゃないって事だね
その理由は?
言ってる事とやってる事が矛盾してるし、信者の子供(二世)が苦しむ姿を見ておかしいと思ったんだよ

統一教会にはいつから、どの位の期間入ってたの?
もう十数年前、大学時代に半年間だね。新入生向けのサークル勧誘で、「スポーツも勉強もするインカレサークル」に誘われたんだけど…

X氏が受けた勧誘プロセス

①キャンパスで2人組の他大学生(京大生)から声を掛けられる。
②「ボランティアとかスポーツとかするインカレサークルで、寮みたいな場所もあるからご飯だけでも食べに来ない?」と誘われる。
③講義が終わった後に待ち合わせて、寮へ向かう。
④熱烈に歓迎され、簡単なゲームをしたり、活動内容の説明を受けながらご飯を食べる。
⑤「今週末も活動するから来ない?」と誘われる。
⑥その後は「来週もやるよ?」「平日もやってるよ?」「毎日やってるよ?」などと、頻度がどんどん増えていく。


なんで新入生がターゲットになるんだろう?
初めての1人暮らしって周りに知ってる人が居ないから寂しいよね?その心の隙間を狙うんだよ。しかも、知り合いとか友達が少ない時期に旧友みたいな接し方で大歓迎されたら、『ここが居場所だ』と勘違いしても不思議じゃない
 思い返すと、上京した大学時代、俺も最初は1人暮らしに不安を感じていた。
 幸運にも良き友人たちに恵まれたが、もし気を許せる相手が居なかったら、孤独感に押し潰されていただろう。
 特に留年が確定し、浦島太郎状態になったあの時に勧誘を受けたなら…喜々として飛び付いていたかもしれない。
Check管理人プロフィール(大学生時代を参照)

当時はそのサークルが純粋に楽しかったから、他の友達とはほとんど遊ばなくなって、“外の世界”には居場所が無かった。こうなると、そう簡単には抜け出せない状態になるんだよ
なるほど…巧妙だね
最初に(サークルに)入った時は、「世界平和」とか「日本をどうやったら良くしていけるか」みたいな話し合いをしてたんだよね。大学の他の人達はコンパとか女の話ばっかりだけど、こんなに真面目に議論してる人達も居るんだなと思って、それでちょっと惹かれた感じ。徐々に違う内容に変わっていったんだけど、建前的な部分は凄くいいんだよね。居心地が良かったと言うか
特に最初に勧誘してきた京大生のHさんは凄く話しやすかったし、勉強もスポーツも出来るリーダー的な人で、初めて本当に尊敬できる相手だったなぁ

インカレサークルの活動内容


そのサークルではどんな活動をしてたの?
正直、物凄く健全な活動だったね。最初は宗教が絡んでるとは思わなかったよ

活動内容

●公園を回ってゴミ拾いをする。
●土曜日に小学校を訪ね、子供たちと一緒にクラブ活動をする。
●地元の老人の家を訪問して会話をする。
●老人ホームで手品やゲームなどを開催する。
●先輩が講師となり、世界の紛争問題などについて学ぶ。
●テーマを決め、各チームごとに自作の劇を演じる。
●登山をして、頂上でお弁当を食べる。


確かに内容だけを見ると、ボランティア団体とかカルチャーセンター(社会人の為の教育機会を提供する民間の文化・教養講座)みたいな感じだね
でしょ?しかも自分は今までずっとインドア派だったから、こういう風に外に出て動き回る活動が新鮮でさ。仲の良い友達とか先輩も出来たし、正直「青春してるな~」なんて思ってたりもしてたw

統一教会だと知ったのは、サークルに入ってからいつ頃?
入ってから2、3ヶ月後の1泊2日の合宿で、「神様」とか「創設者(文鮮明)」の名前を出されて、そこで初めて宗教団体だと知った。最初は何も分からないまま徐々に囲い込まれて、サークル活動が忙しくなってきた時期に正体を明かされたんだよね
その後に先輩から「どう思った?」って聞かれたんだけど、それまでに『人の為に生きる』とか『人知を超えた存在がある』って何度も言われてたから、驚きよりも冷静な気持ちのほうが強かったよ
でも、その流れだと『騙された』って思う人も居そうだよね?
うん、結構多いらしい。メンバーの中にもそういう事を言ってた人が居たよ

教団のメンバー層


そこにはどんな人が居たの?
統一教会って言っても、自分が所属してたのは学生支部みたいな所で、メンバーの大半は20代だったね。京大(京都大学)・同志社・立命館・神戸大・関大(関西大学)とかの有名大学の学生が中心だった
いわゆる名門大学だね。なんで高学歴の学生が多いんだろう?
最初は社会的地位の高い職業に就く可能性が高いから、将来的に組織の思想を広めるようにする為かなって思ってたんだけど、実際は全く違ったんだよね

実際はどうだったの?
組織は学生を外界から切り離して、一生囲うつもりだったんだよ
そうする理由は?
とにかく従順だから。高学歴の学生は真面目で素直な人が多いから、そこを利用されやすいんだよね。特に一生懸命勉強して志望大学に入ったけど、遊び回る周囲の学生にギャップとか違和感を持つタイプ。そういう人に『世界平和』とか『真理』とかのテーマを差し出すと、かなり刺さる。当時の自分みたいにw

なるほど…当時仲良くなったメンバーはどんな人?
浪人して京大に入ったOとか、同志社のSとか。あと、同じ時期に入った京都造形芸術大学のAちゃん。人形みたいに小さくて可愛かったから、一目惚れしたw
Aちゃんどんな子かメッチャ気になるw 芸能人で言うと誰似?
あの人…そうそう小西真奈美だ
(スマホで調べながら)マジか!普通に可愛いじゃん!!w でも統一教会は自由恋愛禁止だよね?
そうなんだけど、当時は全く女慣れしてなかったから、話し掛けたりとかも出来なくて、恋愛禁止ルール以前にそもそも関係が進まなかった…
ピュア過ぎて切ねぇ…

「カイン」と「アベル」


サークルではボランティアとかスポーツ活動以外にも、寮で先輩たちから講義を受けてたんだよ
講義って、具体的にはどんな内容?
キリスト教の歴史が多くて、その中でも特に覚えてるのが「カイン」と「アベル」の話。この2人は兄弟なんだけど、神様に忠実だったのが弟のアベル、反抗的だったのが兄のカイン。で、組織内では教えに忠実な人を「アベル的」、反抗的な人を「カイン的」って呼んでたね
Xはアベル的とカイン的、どっちだった?
元々我が強いし素直じゃなかったから、カイン的だったね。仲の良いメンバー達も全員カイン的だったよ

逆にどういう人がアベル的だったの?
完全に寮に住み込んで、仕送りの半分以上を組織に渡して、寮の雑事とか組織の活動に貢献してる人とかかな
仕送りの半分以上は凄いな…
自分は時間を取られるのが絶対に嫌だったから、寮には住まないで好きな事をやってたね

教団の洗脳術


新興宗教には独自の洗脳方法があると思うんだけど、統一教会の場合はどんな感じだった?
実際に自分がされたのはこんな感じだったね

X氏が受けた洗脳術

①多忙なスケジュールを組み、考える暇を与えない。
②既存の友人との交流を禁止し、外界での居場所を無くす。
③自分の悩みやコンプレックスを曝け出させ、その上で相手を認める。



特に組織が1番徹底してたのが「外界との遮断(②)」。外の世界では生きられない状況を作って、『ここに居ると幸せになれる』と唯一の居場所を与える。その為に、組織内ではとにかくメンバーの話を聞いて、家族のような関係を作るんだよ
なるほど…そうやって依存させるのか
自分は組織に疑問を感じてたけど、ズルズルと半年間所属してたのは、外の人間関係を全て切られていたから。『1人が怖い』と思ってる人ほど、洗脳されやすいんじゃないかな
まさに大学を留年した時の俺だな…
 

メインイベント「40日間合宿」


組織に入って半年が近付いた頃の夏休みに、「40日間合宿」ってのがあったんだよ。集団生活が苦手だから最初は断るつもりだったんだけど、皆が行くって言うからとりあえず参加したわけ
40日間ってだいぶ長いな…合宿の場所はどこ?
滋賀の●●(某施設)。そこに学生が集まって、今まで週1、2でやってた活動を毎日やる感じ
でも、そんなに長期間泊まるんだったら親御さんが心配するっしょ?
合宿が始まる前に、先輩から「親には知り合いの先輩と滋賀県のコテージで、住み込みでバイトするって言って」って理由も用意されたんだよね。だから親も自分が(統一教会に)入ってた事は知らないし、周りにもほとんど言ってない
ただ合宿中に、メンバーの親が連れ戻しに来るパターンが1回あって。親に先輩が用意した理由じゃなく、ホントの事を言ったのかもしれないけど、その人は途中で親と一緒に帰って行った。まぁでも、結果的にはそれが正解だったよね

やっぱり講義とかもあるの?
そうだね。毎日3、4時間くらい講義があった。あ、今日渡そうと思って持って来たんだけど、これがその時に書いたノートだよ
 
『統一教会』講義ノート1
ちょっと見せて貰ってもいい?
どうぞどうぞ

『統一教会』講義ノート2 『統一教会』講義ノート4 『統一教会』講義ノート3 ※X氏が書いた当時の講義ノート。このような内容が2冊分に及び、その内の1冊を拝借した。

(なるほど、全然分からん……)
な…なかなか高尚な事が書かれてるね

あと、講義中にオナニーはしちゃいけないって決まりがあった。「自分の欲にまみれた行為だから、我慢しなきゃいけない」みたいな事を黒板に書かれて
え、それって講義中にしちゃいけないのか、それとも私生活でしちゃいけないのかどっち?w
いやもちろん私生活www
さすがにそうかwwwww
ただ、40日間ずっと人と一緒に寮みたいな所で生活するし、相部屋だから(オナニーを)しようと思っても出来ないんだよね。それでも3、4日に1回くらいはトイレの個室に入ってしてたけどw
そりゃそうだw 本能は我慢できないわw

地獄の訪問販売


でもこの合宿で一番地獄だったのは、最後の1週間の訪問販売だね
と言うと?
まず25歳以上くらいの大学院生がリーダーになって、それぞれチームを作って活動するんだけど…
(各チーム内で)2人1組になって、「障害者の子供が袋詰めした」って言う普通の雑巾を、2,000円のボッタクリ価格で売りまくるんだよ。この訪問販売を、真夏日に朝9時から夜7時までぶっ続けでやらされた
雑巾が2,000円はメッチャ高いね。しかも(訪問販売を)ほぼ丸1日、1週間か…
さすがにキツすぎて極限状態になったりしたんだけど、組織からは「苦しい時こそ神様を信じて乗り切ろう」って言われた。その時の朝礼で、生まれて初めて立ちながら寝たくらいだからねw

それは普通にキツイわ…1日に何軒回ったの?
何軒って言うか、エリアが書かれた地図を渡されて、「○○君と××君はこのエリアにある家を片っ端から回って」って指示される感じだね
売る時はなんて言うの?
今でも覚えてるんだけど、『野の花会(統一教会系組織の1つとされる、民間ボランティア団体)』って言う、その時用の団体名を与えられたんだよ。売る時はチャイム押して、「こんにちは、野の花会のXと言う者です。障害者の子供が袋詰めした雑巾を訪問販売してるんですけど、1枚いかがですか?」みたいな感じ。それをひたすら回り続ける
雑巾はどのくらい売れた?
1日やって売れるのが大体2、3枚だった。一番売れた時で1日5枚(1万円)。女の子のほうが買って貰いやすくて、多い子は1日15枚(3万円)くらい売ってたね
売り上げの一部は、バイト代みたいな感じで還元されたりするの?
いや、売り上げは「組織で世界平和の為に使われる」って理由で、売った本人には1円も入らない
ブラック企業も真っ青だな…

たまに買ってくれる人は、良かれと思って2,000円を払ってくれるわけだけど、その人の良心を裏切ってるみたいな感じがして
そりゃそうだ。それが本当に「世界平和の為」に使われてるならまだしも
そもそも本当に障害者の子供が作ってるかどうかも分かんないし、そうじゃなかったとしたらとんでもないよね
しかも自分は半年で辞めたけど、1年で辞めた友達から聞いたら、その2、3ヶ月後くらいにまた合宿があって、「今度は40日間丸々訪問販売で死ぬかと思った…」って言ってたw
それこそ無間地獄だな…w
だから、完全に組織の資金集めに利用されてるみたいな印象があったんだよね

“神”の降臨


他にも1個、ちょっと分かんない事があって…
分かんない事?
これも多分洗脳の一種だと思うんだけど、合宿中に悟るって言うか、『神様の存在を実感する』らしいんだよね
どのタイミングで?
講義とかで教えられて神様の存在を知るんじゃなくて、何かの体験を通して『居る』って感じるらしい。自分は全然分かんなかったんだけど、そういう確信を得ると(組織に)ドップリ浸かっちゃうんだって

その確信を得た人はどのくらい居たの?
自分の7人くらいのチームで2人居たんだよね。その2人共、リーダーと一緒に訪問販売をしてる時に得たらしい。「神様の存在を実感して、涙が止まらなくなった」みたいな事言ってた。詳しく聞こうとしても「教えられるものじゃない」って言われたから、どういう事なんだろうなって思って
ただ、どんなに限界に追い込まれても、普通は訪問販売をするだけで神様が居るって確信できないじゃん。その確信自体もどういうものか分かんないし
まぁ普通はそうだよな
 
で、自分の中で疑ってたのが、クスリとかでも使ってんじゃねぇかなって。多分クスリを使ったらそういう不思議な体験も出来るだろうし
あぁ、トリップ(幻覚状態)ね
実際、普通の学生同士で回った時は、そんな体験した人は居なかったんだよね。だから先輩(リーダー)が何かしらしたんじゃないかなって思ってるけど、実際のところはよく分からない
その時にその人が、何をもって神の存在を確信したかの理由を知りたいよね
しかもそれまで、むしろ教えに対して反発的だったカイン的な学生が、その先輩と一緒に(民家を)回った事で神様の確信を得て、一気にアベル的になったりした事もあった
う~ん…謎だな……
確かに猛暑の中で1日中外を歩き回ってたから、心身共に限界を迎えてるっていうのはあるけど、それが神様に結び付くかって言われたら…自分はそうじゃなかったね

決意の脱出


合宿から戻った後も活動を続けてたの?
いや、我慢の限界になって、「忙しい」とか「体調が悪い」って言って、その後サークル(寮)には一度も顔を出さなかった。そしたら、先輩が家まで来て4時間くらい説得されたんだよね
やっぱイメージ通り、引き留めされる感じなんだな
結局その先輩の言う事は聞かなかったんだけど、後日に今度はH先輩が来たんだよ
最初に勧誘してきた、Xが尊敬する人だね
そう。Hさんの説得も長くて、正直先輩の言う事なら聞いてあげたい気持ちもあったんだけど、このまま組織に居たら自分が自分じゃなくなるし、不自由だって思ったから絶対に譲れなかった
その結果は?
最終的にHさんが折れたんだけど、その時の先輩の寂しそうな顔は今でも覚えてる

じゃあ、なんとか無事に抜け出せたワケだ
ただ、欲しかった自由を取り戻したはずなのに、その瞬間から孤独になったんだよね。組織の友達とか先輩には会えないし、元々の友達とは完全に疎遠になってたから、学校に仲の良い人が1人も居なくて
外との関わりを切られてたから仕方ないけど、それはそれで辛いな…
でもバイトを始めたら友達が少しずつ増えてきて、その後に組織を辞めた人達とも連絡を取って、一緒に遊ぶ事が多くなったよ

新しい人生のスタートだな!Xの門出に乾杯!!
いや12年前の話だってww

後日談と、辿り着いた答え


あの半年は、大学4年間の中でも一番濃い半年だったな…。だから、あとの3年半がいかに薄い大学生活だったかっていうw
ww そう言えば、Aちゃんは今どうしてるのかな?
3年前(2014年)に聞いた噂だと、カイン的だったはずのAちゃんは組織にドップリ浸かって、学生たちを勧誘したり、後輩の育成もしてたらしい。ただ、今も所属してるかどうかは分からないね…
Aちゃん…
自分もそうだったけど、当時は皆が組織の洗脳から身を守る事に精一杯で、誰がカインか、誰がアベルかの疑い合いだったんだよ。もしあの時Aちゃんに「一緒に抜け出そう」って言ってたら、どうなってたんだろうなって思う

統一教会にハマる人って、どういう人だと思う?
自分が思ったのは、人間関係を上手く構築できなかったりとか、こう言っちゃなんだけど、スッゲー不細工な女のコとかも結構いたんだよね。外では全然モテないから、人生が楽しくないっていう状態。そういう人でも組織に入れば、無条件で「家族」として迎え入れてくれる
そうなると、外の世界よりも組織のほうが幸せになれるタイプの人間も居るんだよね。だから一概に悪とは言えないし

教団に居て、一番疑問に思った事は?
見ててキツかったのは、二世だね。親が組織にドップリ浸かってると、もちろん子供にも全く同じ教育をする。だけど子供は子供で普通の小学校とかに行くわけだから、親からの教えと周囲とのギャップが激しい。そうなると、思春期とかで色々葛藤するよね
親は親で「普通の学校には行くな、最終的には組織に身を置け」みたいな事を言ってくる。だから親との仲がかなり悪い二世が結構いて、そこに一番疑問を感じたよ
宗教団体に狙われやすい大学生たちに伝えたい事ってある?
まだ若くて自分の考えが固まっていない学生は、組織に飲み込まれやすい。特に統一教会みたいに大きな組織には、徹底した勧誘・洗脳ノウハウがある。それに対抗する為にも、確固とした強い意志を持って欲しいね

Xにとって、宗教とは?
「善か悪か」じゃなく、「要か不要か」だね。自分にとっては不要だった、それだけの話だよ

最後に

 いかがだっただろうか?
 まずはインタビューを快諾してくれたX氏はもちろん、超長文記事に最後まで目を通してくれた読者に心から感謝したい。

 もう一度言うが、当記事は参考資料やX氏からのヒアリングを基に事実を伝えるものであり、『統一教会』及び宗教自体を批判・差別する意図は一切無い。
 また、同教団日本会長の徳野英治氏によると、現在は信者による霊感商法(霊石販売)は行われておらず、

行き過ぎた面や不適切な部分で、過去に社会の誤解を招いたことは事実
とし、オープンな教会になれるよう努力し続けていると言う。

 新興宗教に限らず、世の中には類似のシステムが数多く存在する。
 特定の人物(意思)の下に集った人々から金銭を得るという意味では、俺の身近なモノで言うと、Webサイトの「メルマガ」、プロブロガーの「オンライン(有料)サロン」、大手配信者などが行う「投げ銭」や「欲しいものリスト」の要求。
 こうした読者・ファン・信者を対象としたビジネスモデルは、往々にして『宗教のようだ』、『信者ビジネス』などと表現される。

 ただし、“自分の世界”を作る事は構わないのだが、周囲に迷惑を掛けたり、違法行為をしない事が前提だ。
 そのような行為を強要する個人・団体に関しては、俺は「間違っている」と断言する。
 縋(すが)った何かが、自分の人生にプラスなら継続し、逆にマイナスなら今すぐ止めよう。

 当記事の執筆をきっかけに、宗教について深く考えさせられる事となった。
 宗教を一言で表すなら、X氏の言う通り「本人にとって必要か不要か」、コレに尽きる。

 あなたの善・悪の定義、そして必要なモノ・不要なモノを今一度よく考えて欲しい。
 こうした基準を明確にして、『自分の意思』を尊重しながら日々を健全に過ごす。
 それが、“人間らしい生き方”ではないだろうか。

URL :
TRACKBACK URL :

コメントする(承認制です)

*
DigiPress

Facebookでコメントする

“闇のアフィリエイター”が、“光のブロガー”を目指して己の記事で成り上がる。
Return Top